静岡の特産品・お土産 静岡げんき堂

静岡の特産品・お土産は静岡げんき堂|静岡茶ギフト 立体紙雑貨、熟成茶等を心をこめてお届け

5000円以上のご購入で送料無料です

メロンの王様 アローマメロン

立体お年玉袋 静岡ぽち
 

ウェブマガジン旅色の静岡グルメ&観光特集に紹介されました

いらっしゃいませ

ごあいさつ
こんにちは!店長の柳沢です。
静岡生まれ・静岡育ちの私が、静岡ならではの特産品や美味しいもの、元気になれるもの、これはおススメ!お土産に!といった商品をお届けしています。
当店商品を使ったレシピも紹介していますので、そちらもご覧ください。
またギフト用品や業務向けの卸しなど、お気軽にご相談ください。
お問合せはお気軽に

info@s-genkidou.co.jp
 

 

facebook

「静岡げんき堂フェイスブック」

のしや表書きは!?

 

 贈り物をする時に、ちょっと知ってお得な情報
ご結婚や人生の節目など慶事のお品、弔事のご返礼品など、いざ贈ろうと思ったときに、迷う事ってありますよね。
のし紙になんて書いたらよいのかな!?、どの程度のものを贈るのがいいのかな!?… 
どんな贈りものでも、心をこめて、受取られる側のことを考えて準備できたら合格ですが、日本には独自の伝統や慣習もあります。
そんな時に、受取った方があれ?っと思われないよう心配りをし、よりスマートに気持ちを届けられたら素敵ですね。

「のし」「水引き」ってどうしていますか?
 昔から日本人は、贈り物をそのまま渡すのはあからさますぎて品がないということで、“包む”という文化を培ってきました。それは相手に渡すものを包んで汚れやほこりがつかないようにするということであり、大切に持って参りました、という無言の表現でもあります。そこに包まれた物は、どんな目的で贈るものなのか、敬意をどれだけ持っているか、誰からなのかを伝えるために、のしや水引き、表書き(目的と贈り主の名前)を添えるようになりました。

 <のし>
かつては、品物にまずかけ紙といわれる奉書紙をかけ、のしをつけ、風呂敷で包むという手順がありましたが、現在はかけ紙に代わってのしや水引きがいんさつされた「のし紙」を使う場合が多いです。「のし(熨斗)」は本来「のしあわび」といい昔はとても貴重なあわびをのしたものとお酒を祝儀の際にだしていたところから、慶事のさいにはのしをつけるようになったと言われています。(弔事では生き物を殺したことを連想させるので、のしはつけません)
 <水引き>
のしで祝儀か不祝儀か区別をつけた品物や金銭を、ぐるっと包んで結びとめるものが水引です。これにより、心をこめて結びましたという意味合いもありますし、不浄なものではありません、という証でもあります。
今は印刷されたものを手にする機会が多いですが、よ~く見ると、線の数や色、結び方がいろいろあることがわかります。
色は、祝儀には紅白、金銀、金赤、を。不祝儀には黒白、白銀、銀のみ、黄白といったものを使い、どれも濃い色が右側にきます。
数は、お祝い事では5本、7本、9本と奇数、弔事では2本、4本、6本と偶数が習わしです。また本数が多く長いほど立派な(高価なものを贈る時にふさわしい)水引きになります。
結び方は、何度も繰り返してほしい祝い事には、ほどけて結び直しもできる「蝶結び」を。結婚だけはほどけないよう「結びきり」や「あわじ結び」「輪結び」などで。弔事などで二度とあってほしくないときにも、白黒などの水引きで「結びきり」にします。

多くみられる贈答品の一般的なマナーなどを書きましたのでご参考にして下さい。
(地域や年齢、贈る方・贈られる方の立場などで異なります)

贈るもの 意味合い・贈る方 時期 水引きのし、表書きや相場など
出産の
 内祝い
赤ちゃんのお披露目と誕生を一緒に祝って下さいの意
出産のサポートのお礼も
出産1カ月後~2ヶ月後 ・紅白の蝶結びの水引き 「内祝」と記し、お披露目をかねて赤ちゃんの名前を書きます
・相場としては、半返しですが、高価なものをいただいた場合は、1/3返しでも。
・ご近所の方などお世話になる方に、ご挨拶と赤ちゃんの紹介をかねて少額のお菓子や茶葉などの消耗品を添えてご挨拶することもお勧めです。
結婚の
 内祝い
お祝いをくださった方へのお礼
結婚式や披露宴に出席できない方へ
挙式・入籍後1ヶ月以内 ・紅白の結びきりの水引き 「内祝」「寿」と記し両家の名前を並べて書きます。
(最近では新郎新婦の名前を書く方もいらっしゃいます)
・相場としては、ご祝儀の1/2ですが、披露宴等のお品物と同等のものを。
・身近な友人や職場の同僚には、新婚旅行のお土産などでも喜ばれます。
長寿のお祝い 還暦祝い(満60歳)からが多いが、喜寿(数え77歳)からのことも その年の初めか、誕生日前後に。 ・金銀または紅白の蝶結び「祝還暦」「喜寿御祝」と記す。
・お返しは不要だが、「内祝」として本人の名前や喜寿の「喜」などの入った記念品などを贈ることも。
快気内祝い お見舞いをくださった方へ完治したことの報告 退院後~1ヶ月後
(体調をみながら元気な顔で)
・紅白の水引きで結んだ結びきりのかけ紙 「快気内祝」「御礼」の表書き
・お見舞いの1/3~1/2 
・いつまでも残る品物ではなく、病に重ねてかからないよう願って消耗品(お菓子や茶葉、洗剤等)を贈ります。
お中元 日ごろお世話になっている方へ感謝の心を届けます
上司や恩師、習い事の先生、離れて暮らす両親、仲人へ
7月中ごろまでに
(7月下旬は「暑中御見舞」、8月の立秋以降は「残暑御見舞
」として贈ります)
・蝶結びの水引き 「御中元」と苗字を書きます。
・3000円~5000円が多いようですが、贈る方との関係で、気を使わせない程度のものを。
・贈る方の家族構成なども考えて品物を選ぶと喜ばれます。
※宅配便などで受取った側は、すぐにお礼を電話や手紙で伝えましょう。
※相手が喪中でも四十九日以降なら贈っても構いません(祝いの品ではないので)
お歳暮 一年間の締めとして、その年に特にお世話になった方へ 12月上旬から20日頃
(遅れて年末よりは、新年に「御年賀」として届ける)
・蝶結びの水引き 「御歳暮」と苗字を書きます。
・3000円~5000円が多いようですが、贈る方との関係で、気を使わせない程度のものを。
・年末年始と来客の多いお宅へは、食品や飲料なども喜ばれます。
※宅配便などで受取った側は、すぐにお礼を電話や手紙で伝えましょう。
※相手が喪中でも四十九日以降なら贈っても構いません(祝いの品ではないので)
香典返し ご厚意をくださった方へ、故人に代わりお礼と、感謝の意 仏式:七七日忌(四十九日)の忌明け以降
神式:五十日祭以降
キリスト教式:一ヶ月の式以降
・表書きは「志」が一般的。黒白または銀一色の結びきり。
・半返しが一般的ですが、香典の1/3~1/2程度で亡くなられた方の社会的地位やお立場、慣例などで異なります。
※贈られた側は、お礼を述べないのがしきたり。喪中見舞いとしてハガキをだすか、親しい間柄であれば電話で近況を訪ねつつ 届きましたと伝えるように。
災害見舞い 親しい方が火事や天災などの被害にあった場合の御見舞い 必要な品物は早く、落ち着いたころに見舞金を。 ・先ずは相手の安否と状況を確かめてから贈ります。
・水引きやのしは無し。半紙や白封筒などに「御見舞」「災害御見舞」と記す。
・目上の方であっても現金を贈ってもよいとされています。
・贈られた側からのお礼は不要、落ち着いたら礼状をだしましょう。
日常の贈り物 日ごろの感謝や何か援助された時のお礼やご機嫌伺いに 気持ちを品物と合わせて贈りたい時 ・紅白蝶結びでのしつき。
・目上には「贈呈」「謝礼」「謹呈」と記す。(「寸志」「進呈」は使わない)
・一般には「御挨拶」「御祝儀」「寸志」と記す。
・贈られた側のお返しは基本的に不要。


贈りものと合わせまして、のしや水引き、表書きなどもお問合せください。またこうした習慣にとらわれず、ご本人様のご希望に沿ったスタイルでの包装もお手伝いしますので、遠慮なくご相談ください。