静岡の特産品・お土産 静岡げんき堂

静岡の特産品・お土産は静岡げんき堂|静岡茶ギフト 立体紙雑貨、熟成茶等を心をこめてお届け

冬の贈り物 御歳暮


いらっしゃいませ

ごあいさつ
こんにちは!店長の柳沢です。
静岡生まれ・静岡育ちの私が、静岡ならではの特産品や美味しいもの、元気になれるもの、これはおススメ!お土産に!といった商品をお届けしています。
当店商品を使ったレシピも紹介していますので、そちらもご覧ください。
またギフト用品や業務向けの卸しなど、お気軽にご相談ください。
お問合せはお気軽に

info@s-genkidou.co.jp
 

 

facebook

「静岡げんき堂フェイスブック」

ウェブマガジン旅色の静岡グルメ&観光特集に紹介されました

特産品・紙雑貨・ギフト|静岡げんき堂HOME»  静岡の隠れた銘茶 梅ヶ島の天空の畑の物語

静岡の隠れた銘茶 天空の畑からの贈り物


梅ヶ島ってどんなところ?天空の畑 静岡市 梅ヶ島

静岡市の梅ヶ島をご存知ですか?
静岡駅から北へ直進すること60~90分ほど車で安倍川の流れに沿って登っていくと、周囲の風景が山になり、温泉や梅の案内が現れてくるところが梅ヶ島です。(海や湖に囲まれた島ではありません)。
街中よりも涼しく、冬には雪が降ることもある地域です。

日帰りで行ける温泉もあれば、のどかな温泉旅館もあります。
滝がいくつもあり、春には梅が見ごろになり、市内の住宅地からは離れた場所であるため、ちょっとした山道のドライブにもなります。
健脚の持ち主たちはトレーニングもかねて自転車で市内と梅ヶ島の往復(片道40~50㎞程度)されているような所でもあります。


天空の茶畑

そうした道路沿いから時々茶畑が見えます。静岡市 梅ケ島 天空のような茶畑
それほど大きな茶畑ではなく、中には耕作放棄となって、茶樹が伸び放題になっているような茶畑も。

主要道路から脇に入ると点々と農家があり、その周囲には茶畑が広がっています。
そこからさらに、小型の車で走り、一段と山の斜面にある茶畑が「天空の茶畑」です。山と山に挟まれうっすらと霧に包まれ、まさに天を近くに感じ、雲を下にみるような天空に立っているかのように感じる場所です。

静岡でも有名な牧之原台地(静岡県西部)の茶畑があります。こちらは広大な畑がゆるやかな台地に広がり、新幹線などで静岡ならではの風景として感じられる方も多いことでしょう。

その牧之原とはことなり、周囲がすぐに山、急な斜面や狭いエリアにも茶樹の並び方を変え、畑としているのが梅ヶ島の茶畑です。
斜面にあることで大型の機械は入れず、人の手にたよることの多いだろうことが一目で分かります。
高い場所からみると、美しく並んでいるお茶畑。でも近寄ってみると、ちょっと違う部分が見えてきます。


無農薬で育てるということ

天空の畑とその周辺の茶畑のお茶の樹をよく見ると、少し傷んだ葉が目につくような・・・。

実は年間を通じてのお茶栽培は、樹が襲われる病気や害虫との戦いでもあります。菌に襲われると葉が落ちてしまったり、翌年の新芽の質が低下したりしてしまいます。 一方、虫も多く茶の樹液を吸ってしまうものや、新芽や葉を食べてしまうものもいます。

こうした対策として、病気につよい品種への改良や殺菌、殺虫などの薬や、病気予防の保護剤や治療効果のある治療剤があります。法律によっても、安全基準がありそれを守ってるのはもちろん、香りが大切なお茶では、そうした薬の残臭がないよう一層厳しい使用基準があります。それを守り、できる限り薬に頼らないように栽培している茶畑が一般的な茶畑です。

梅ヶ島ではどうでしょうか。20年以上前から農薬を使わずに、茶の栽培をされてきた方がいらっしゃいます。その当時は、その一軒だけが無農薬栽培であり、製茶できる量も少なかったことは事実です。それでも、よりよい香りの茶葉、安全安心して飲めるお茶作りをしようということで、その農家をとりまく農家も徐々に無農薬での茶栽培をするようになっていきました。

そのために、虫が活動しやすくなる夏頃には葉が食べられていることもしばしば。雑草を抜くのも一苦労です。無農薬と言うのは簡単ですが、収穫量が限られてしまい、農家にとっては難しい選択です。
それでも気候条件と無農薬という両方がそろい、天空の茶畑では、隠れた銘茶が誕生するのです。

<隠れ茶・熟成茶の茶葉 農薬検査結果>全てにおいて検出されていません




<和紅茶 山霧の香り 農薬検査結果>全てにおいて検出されていません



高地+気候+無農薬 といった条件が揃った天空の畑だからこそ、
自然の恵みをうけた美味しい極上の茶葉ができるのです。

隠れ茶 「 熟成茶 」 無農薬の貴重な緑茶

天空のお茶 「和紅茶 山霧の香り」 ジップバッグ入り リーフ50g どうぞ