静岡げんき堂



立体お年玉袋 静岡ぽち
 

ウェブマガジン旅色の静岡グルメ&観光特集に紹介されました

いらっしゃいませ

ごあいさつ
こんにちは!
静岡生まれ・静岡育ちの店長が、静岡の隠れた逸品やこれはおススメ!といった商品をお届けしています。

またギフト用品や業務向けの卸しなど、お気軽にご相談ください。
お問合せはお気軽に

info@s-genkidou.co.jp
 

 

特産品・紙雑貨・ギフト|静岡げんき堂HOME»  おいしい!水出し冷茶の淹れ方

おいしい!水出し冷茶の淹れ方

 

暑い季節にぴったりのさわやか冷茶。

市販のペットボトルのお茶もいいけれど、ご家庭で茶葉を水出しで淹れてください。きっと驚かれるくらいのおいしい冷茶を味わっていただけます。

おすすめの茶葉は煎茶、玉露、深蒸しなど。緑色が濃いか、葉が針のようになっているものほど、うまみがたっぷりです。

水でだすだけなのに、なぜおいしいのか!? 

 茶葉の持つ成分は浸す温度によって、抽出されやすいものが異なります。主にお茶の味は3種類、茶にたくさん含まれている体に良いカテキン、コーヒー等に多く含まれるカフェイン、甘みと旨味のアミノ酸類のバランスで個性がうまれます。

 カテキンとカフェインは渋みや苦みの成分。カテキン類は低温ではあまり抽出されず、時間をかけて成分がでてきます。カフェインは高温ならすぐにでて、低温だとじわじわとでてきます。

 アミノ酸類は低温でもよくでて、時間もそれほどかかりません。

こうした成分の特性をいかしているのが水出しです。渋みの多い深蒸し茶でも、うまみがたっぷりひきだされます。

そしてぜひお試しいただきたいのは、和紅茶の水出し。紅茶は発酵させているので、本来水出しではあまり味がでないのですが、一晩12~24時間程度かけて水だしすると、烏龍茶でもなくホットの紅茶とはちがってさらりとした旨みを堪能できます。

 ぜひ

梅ヶ島の和紅茶でお試しください。

 またお好みの味になる茶葉の量、お水の温度、抽出させる時間をみつけていくという楽しみもあります。

 どうぞ茶葉で本格冷茶を味わってください。

濃い味・濃い色を味わいたい→ 深蒸し茶

甘みと香りをさらりと味わいたい → 本山茶

旨みたっぷりの贅沢な味わい → 玉露